原料のサツマイモについて

2007年に開発された最新品種で、糖度が高い蜜芋「紅はるか」

紅はるか既存のサツマイモの中で、甘くて有名な品種と言えば「安納芋」。実は、そんな「安納芋」よりも甘いと言われ、今後その存在を超える品種になるであろうと言われているサツマイモがあります。2007年に九州沖縄農業研究センターで開発された「紅はるか」という品種です!

この品種は、その名前の由来もユニークで、既存の品種よりも、味や芋の外観が「はるか」に優れているという理由から付けられたそうです。

ほしいも工房ふたかわでは、この品種をいち早く取り入れ、2012年度からこの品種の販売を開始しました。蜜芋(みついも)と呼ばれる糖度が高いこの「紅はるか」を使ったほしいも工房ふたかわの「干し芋」を是非一度お試し下さい!

通信販売利用のご案内